download.jpeg

 

田中淳子プロフィール

東京都出身。91年に渡米し、カリフォルニアの大学で写真を学ぶ。95年に卒業後、ニューヨークに渡り、ヒップホップアーティスト達の写真を撮り始める。 日本やアメリカの雑誌を主に広告やアルバムカバーなどを手がけ、レオナルド・ディカプリオやビヨンセ、オノ•ヨーコなどを始めとした多くの著名人のポートレートを撮影。2006年のニューズウィーク日本版では「世界が尊敬する日本人100」に選ばれた。その翌年、ニューヨークのクイーンズ在住アーティストの代表として、ティンバーランドの"The Boroughs Project"でクイーンズモデルのブーツをデザインする。2011年秋、約20年のアメリカでの活動を終え、日本へ帰国。現在は東京を拠点にアメリカで培った感性を活かしながら、主にミュージシャンや俳優、クリエイターやビジネス界で活躍する人々のポートレート を撮影している。また、2013年に「成功」をテーマに、各界で活躍する著名人をインタビューするウエブマガジン「HIGHFLYERS(ハイフライヤー ズ)」をスタートし、意義のあるコンテンツ作りに力を注いでいる。

 

Atsuko Tanaka Bio

Photographer Atsuko Tanaka was born in Tokyo. She moved to the U.S. in 1991 as a teenager, and studied photography in Los Angeles before relocating to New York City, where she quickly gained recognition for her images of hip-hop artists. Equipped with a distinct sensibility that captured subtle expressions and moods of her subjects, it didn't take long before Atsuko found herself shooting the likes of Eminem, Jay-Z and Alicia Keys, as well as album cover art for popular Japanese artists. 

While continuing to photograph celebrities, artists and street fashion for both American and Japanese media, in 2006 Atsuko was named one of the "100 Most Respected Japanese in the World" by Newsweek Japan.

In fall 2011, Atsuko moved her base back to Tokyo after two decades in the States. She still frequently travels abroad for work and inspiration.